開発環境のセットアップ

Trenzボードの開発環境の構築で必要なものは下記のとおりです。

  • Virtual BOXとUbuntu 16.04(あるいはCentOS7など)
  • XILINX SDK 2017.1~2017.3 (2017.2が推奨)
  • 上記仮想環境にSDKを入れる
  • Vivado LabToolsをダウンロードし、インストール(もしくはVivado本体でもよい)
  • Ubuntuの追加パッケージ
  • XILINXサイトからU-Bootソースをダウンロード
  • XILINXサイトからLinuxカーネルをダウンロード
  • TrenzサイトからZynqBerryとTE0720のプロジェクトをダウンロード

 

 

XILINX SDKのバージョンの違い

推奨はSDK2017.1です。TrenzのプロジェクトはVivado2017.1で作られていました。 最近は2017.2で作られたプロジェクトも出てきているのでSDKも2017.2でよいかもしれません。 SDKの2017.3にはarm-linux-gnueabihf-gccがないのでお勧めではありませんが、動かないことはありません。

 

 

Ubuntuに追加パッケージ

インストールしたばかりのUbuntu Linux 16.04でXILINX SDKを使ってLinuxなどをビルドするには、
最低限下記のパッケージが必要です。

 

$ sudo apt-get install git git-email
$ sudo apt-get install ncurses-dev
$ sudo apt-get install lib32z1
$ sudo apt-get install lib32ncurses5 lib32stdc++6
$ sudo apt-get install device-tree-compiler
$ sudo apt-get install u-boot-tools
$ sudo apt-get install libssl-dev

 

 

 

パスと環境設定

Linuxにログインしたのち、 SDK2017.1,2の場合は


export CROSS_COMPILE=arm-xilinx-linux-gnueabi-
source /opt/Xilinx/SDK/2017.2/settings64.sh

 

 

SDK2017.3の場合は

 

export CROSS_COMPILE=arm-linux-gnueabihf-
source /opt/Xilinx/SDK/2017.3/settings64.sh

 

を実行してください。