FSBLとBoot.bin作成

5. FSBLとBoot.bin作成

 

次にFSBLおよびBOOT.binを作ります。
先の手順と同様に Fileタブ New -> Application Project から
Project name を led_fsbl、Templates を Zynq FSBL としてプロジェクトを作成します。

7-1

 

 

ビルドを少し待ってから、Project Explorer -> led_fsbl を右クリックし Create Boot Image を実行します。

7-3

 

Boot Imageには、初期状態でFSBLのELFファイルとVivadoで作成したbitファイルが含まれています。
ここに Add ボタンから先ほど編集したled_blink.elfを追加します。
led_blink.elf のデフォルトのパスは
test_board/vivado/test_board.sdk/led_blink/Debug です。

7-4

 

 

Create Boot Image ボタンを押すとBOOT.binが作成されます。

7-6