1.ダウンロードするべきツール

Trenz製ボードを使用するには、以下のツールが必要です。

  • XILINX Vivado (WebPACK版で可)
  • XILINX SDK

Vivado(ビバド)はZYNQのPL(プログラマブル・ロジック部)や、FPGAのロジック部分を設計し、コンパイルするツールです。SDKはソフトウェアを開発するためのツールです。

ソフトウェアを開発しない場合であっても、Zynqberryの書き込みなどではXILINX SDKの機能を使うので、状況によっては両方のツールが必要です。

必要なバージョン

Trenz社の標準のリファレンスデザインを使用する場合、VivadoとSDKのバージョンを合わせておく必要があります。また、使用するリファレンスデザインによって推奨バージョンが異なります。

Zynqberryでは、2017.1のリファレンスデザインはVivado 2017.2と2017.4でも使用できることは確認してあります。しかし、2017.3での利用は多少問題があるように思われました。

したがって、従来との互換性を重視する方はVivado 2017.2を、これからはじめる方はVivado 2017.4を推奨します。

ボード リファレンスデザイン Vivadoバージョン
Zynqberry (TE0726) 2017.4 test_board (最新) Vivado 2017.4 & XSDK 2017.4
2017.1 zynqberry_demo1 Vivado 2017.1 & XSDK 2017.1
2017.1 zynqberry_demo2 (推奨) Vivado 2017.1 & XSDK 2017.1
2017.1 zynqberry_demo3 Vivado 2017.1 & XSDK 2017.1
Gigazee (TE0720) 2017.4 BASIC Linux Example Vivado 2017.4 & XSDK 2017.4
2017.2 BASIC Linux Example Vivado 2017.2 & XSDK 2017.2
2017.2 HDMI Example Vivado 2017.2 & XSDK 2017.2
UltraSOM (TE0808) 2017.4 Simple Board Design Vivado 2017.4 & XSDK 2017.4
2017.4 Starterkit Linux Design Vivado 2017.4 & XSDK 2017.4
2017.2 Simple Board Design Vivado 2017.2 & XSDK 2017.2
2017.2 Starterkit Linux Design Vivado 2017.2 & XSDK 2017.2

 

XILINX Vivadoについて

XILINX Vivadoのダウンロードは、https://japan.xilinx.com/から 「サポート」→ 「ダウンロードとライセンス」でたどり着けます。

バージョンは2017.4が推奨です。(2018.1は未確認)

2017.4にはHLx Edition: アップデート 1 と HLx Editionがありますが、 HLx Editionのほうをインストールします。必要な方は後からアップデートは1をインストールしてください。

XILINX SDKについて

Trenz製ボードは、ボードにファームウェアを書き込むために、USB-JTAGを使用したXMDというデバッガの機能を利用しています。このデバッガを使用するため、XSDKをインストールする必要があります。

XSDKをインストールするには、https://japan.xilinx.com/から 「サポート」→ 「ダウンロードとライセンス」→「エンベデッド開発」を開きます。

そして、2017.4を選択し、Windows用SDK 2017.4を選択してダウンロードします。